セックスするならアフターピルを持っておこう

セックスするならアフターピルを持っておこう

セックスは子孫を残す以外にも、快楽を得たり愛情を深めるために行うことがあります。
未婚・既婚関係なく、カップルが愛を確かめ合う手段として、セックスはとても重要な役割を果たしています。

子どもを望んでいないカップルは避妊をするのが通常ですが、避妊をせずにセックスしてしまうケースもあります。
また、どんなに避妊に気を付けていても、避妊に失敗してしまうこともあるでしょう。

避妊に失敗してしまうケースには下記のようなものがあります:

・コンドームの破損・脱着
・低用量ピルの飲み忘れ
・レイプ・強姦
・膣外射精

日本における避妊方法でもっとも多いのがコンドームで、その次が膣外射精となっています。

コンドームはサイズが合っていないと、破損や脱着に繋がります。
膣外射精は厳密には避妊法とはいえず、膣外射精で妊娠する確率は22%とけっこう高いのです。

他にも様々な避妊法があるのですが、どれも100%妊娠を防ぐことはできません。
よって、セックスする限りは事後避妊が必要になった場合に備えてアフターピルを持っておくことをお勧めします。

しかし、アフターピルは病院で処方してもらう場合、すでに避妊に失敗した後である必要があるのです。

事前にアフターピルを持っておきたい場合は、海外医薬品を販売している通販サイトを利用しましょう。
通販サイトなら、医師の処方箋なしでアフターピルを購入することができます。

海外からの発送になるため、届くまでに1週間ほどかかるため、早めに注文しておくと良いでしょう。
通販サイトは病院処方よりもかなり安い価格でアフターピルを販売しているため、お財布にもやさしいのです。

ただし、持病がある方は副作用や他の薬との飲み合わせによる影響が懸念されるため、通販サイトで購入する前に飲んでも大丈夫か確認することをお勧めします。