アフターピルはお守りになる

アフターピルはお守りになる

アフターピルは緊急避妊薬という名前も持ち、避妊に失敗したセックスの後に服用することで、高い確率で妊娠を阻止してくれます。
通常のアフターピルはセックスから72時間以内に飲む必要があり、それを過ぎると妊娠する確率が高くなってしまうのです。

アフターピルは飲むまでの時間が短いほど、避妊成功率が高くなります:

避妊失敗からアフターピルを飲むまでの時間  妊娠する確率

直後から12時間以内              0.5%

13時間から24時間以内            1.5%

25時間から36時間以内            1.8%

37時間から48時間以内            2.6%

49時間から60時間以内            3.1%

61時間から72時間以内            4.1%

61時間~72時間の間に服用しても、成功する確率は高いのですが、少しでも避妊成功率を高めたいという方は、避妊に失敗したらすぐに飲むことをお勧めします。

アフターピルは一部の婦人科やレディースクリニックで処方されています。

受診すれば1回分のアフターピルが貰えますが、全額自己負担になり高い料金を払うことになります。
さらに、時間帯によっては病院が混んでいて何時間も待たされるかもしれません。

また、病院が連休で休診日が続いている場合や近くに病院がない場合などは、アフターピルを飲むまでの時間が長くなって、手遅れになってしまう可能性もあるのです。

そういったリスクを回避するには、通販サイトで事前にアフターピルを購入しておくことをお勧めします。

通販サイトでは病院で処方されるよりもずっと安い価格でアフターピルを購入できるのです。

事前に購入していざという時に手元にアフターピルがあれば、飲むまでの時間が短くなって、避妊成功率も高まります。

病院ではアフターピルを事前に購入するということはできないため、アフターピルをお守りとして持っておきたい場合は通販サイトを利用しましょう。
事前購入の際には、「アフターピルで緊急避妊|女性の味方」というサイトでアフターピルについての知識を深めることをお勧めします。