アフターピルの中でも人気のアイピル

アフターピルの中でも人気のアイピル

アフターピルは日本でも2011年にノルレボ錠が承認されてから、わずかながらではありますが使用する女性が増えています。アフターピルは避妊に失敗したセックスから72時間以内に服用すれば、75%以上の確率で妊娠を阻止できるのです。アフターピルには様々な種類があり、インドをはじめ世界中の製薬会社がノルレボ錠のジェネリック医薬品などを開発して販売しています。

アフターピルの中でも特に高い人気を誇っているのが、アイピルと呼ばれるジェネリック医薬品です。インドでも名高い製薬会社によって製造されており、安全性が高く価格も安いことから、世界中の女性に愛用されています。

現在、日本の病院ではノルレボ錠しか処方されません。その他のアフターピルは日本の承認を得ていないため、医療機関では処方されないのです。病院を受診してアフターピルを貰う場合、自由診療となり10割負担になってしまいます。薬代の他にも初診料・再診料などが加算され、1万円を超えることが多いのです。

それに比べて通販サイトは薬代と送料のみで、1つのアフターピルを買うのに3000円ほどしかかかりません。さらに販売されているアフターピルの種類が豊富なので、アイピルをはじめ多くのアフターピルの中から一番気に入ったものを選べるのです。

アイピルは基本的にアフターピルの通販サイトならどこでも販売されており、1シート1000円程度しかしません。効果はノルレボ錠とかわりないので、やはり価格が安い方を買いたいと思うでしょう。

アイピルのことをもっとよく知りたいという方は、「ipill-information<アイピル・インフォメーション>」をぜひのぞいてみてください。アイピルの魅力を知れば、事前に買っておきたくなるでしょう。